WORLD × JAPAN × DISCOVERY アイディア、デザイン、アートなどに焦点を当て記事にしています。

【観覧注意】イラクの未来と今

SPONSORS LINK

今年はイラク戦争開戦から10年目になります。

開戦以来、特にこの数年間、イラクの医師らは先天的障害の著しい増加を訴えている。

戦争による環境汚染が乳児や子どもの健康に大きな悪影響を及ぼしたことが疑われているからです。

奇形児

SOURCE 1:NATO air strikes on Gaddafi held military targets
SOURCE 2:Human Rights Now
SOURCE 3:WTF – Doctors Investigate A New Born Baby With A Severe Deformity

例えば、2004年にアメリカ軍により2回に渡り激しく攻撃されたファルージャ。

2003年以来ファルージャで生まれた15%の乳幼児に先天性障害があるという。

そして2009年9月には、産まれてきた170名の赤ちゃんのうち75%に先天的な奇形があり、

そのうちの24%の赤ちゃんが生後6〜7日で死亡している。

イラクの事態が深刻であるにも関わらず、アメリカやイギリス、国連などの独立国際機関は、

イラクにおける毒性兵器の健康影響に関する十分な調査は行われてこなかった。

これはHuman Rights Nowが行った、イラクでの先天的障害について調査した初めての報告書です。

彼らは1ヶ月にわたり、ファルージャ総合病院の協力を得て事実調査を行った。

報告書は50ページにもおよび、写真と共に患者のデータが記載されています。

Appendix1 Iraq.pdf
Appendix2 Iraq.pdf

徹甲弾で使用されている劣化ウラン(DU)は、DNAに広範な被害を引き起こします。

DUは原子力発電用ウラン精製における副産物です。

ボスニア、コソボ、イラクを含む紛争で使用されており、DU塵の健康への影響が懸念されている。

この様なデータを見ると福島原発事故も、もっと重要視するべきですね。

ちなみにチェルノブイリ原発事故では、甲状腺がんの発生が増加した事がわかっています。

The United Nations and Chernobylによると、ウクライナの350万人以上が影響を受けており、

その内の150万人が子供であったというデータもある。

チェルノブイリ
事故後の隣国ベラルーシ国内における人口10万人あたりの甲状腺患者数の変化
黄色:成人(19 – 34歳) 青色:青年(15 – 18歳) 赤色:小児(0 – 14歳)

甲状腺癌だけではなく白血病や奇形児など、様々な危険性がある放射能。

話が少しずれてしまいましたが、未来の為にもっと危機感を持ったほうがいいかもしれませんね。

この動画は最近liveleakに掲載されたものです。

気分を害したり気持ちが悪くなる確立がとても高いので【観覧注意】です。

liveleakの動画が貼れなかったのでyoutubeで探しました。

AlienやArea51という単語は関係なく、動画の投稿者が無神経なだけです。

何度も言うようですが、とても衝撃的なので【観覧注意】です。

Facebookでいいね!
最新の情報をお届け!

Twitter で
SPONSORS LINK
あなたにオススメ(自動抽出)