WORLD × JAPAN × DISCOVERY

米語と英語はこんなにも違う

SPONSORS LINK

先日留学のお話をしていて、アメリカ英語とイギリス英語ならアメリカ英語を取るべし。

なんて話をしている時に、この画像を思い出したので記事にします。

分かりやすいものをピックアップしてみたので覚えておくのも良いかもしれませんね!

一つの単語でここまで違うものになってしまうとは・・・

自分が「米国派」なのか「英国派」なのかチェックしてみるのも面白いかも?

※ U.S.とBRITAINが逆になっている画像もあるので注意

SOURCE:20 BRITISH WORDS THAT MEAN SOMETHING TOTALLY DIFFERENT IN THE U.S.

1.Trainer(トレーナー)

2.Biscuit(ビスケット)

3.Chips(チップス)

4.Coach(コーチ)

5.Dummy(ダミー)

6.Football(フットボール)

7.Jumper (ジャンパー)

8.Lift(リフト)

9.Pants(パンツ)

10.Vest(ベスト)

他にも気になる方はSOURCEをどうぞ!

この記事が楽しめたら
いいねしてね!(^o^)

Twitter で
SPONSORS LINK
あなたにオススメ(自動抽出)