WORLD × JAPAN × DISCOVERY

一度死んだはずの木が再び蘇ってきた

SPONSORS LINK

2013年6月21日、フランスのセリーヌ川右岸にある建物内で発見されたもの。

なんと、建物に使われ死んでいるはずの木材が、大きく成長していたのだ。

なにか訴えているようにも、人間を恨んでいるようにも見えます。

みなさんはどう感じますか?

っというのは嘘で、フランスのPalais de Tokyo(美術館)で公開された作品です。

蘇ったと信じてくれた方は、様々な感情を味わうことが出来たのではないでしょうか?

とても素晴らしいインスピレーション。

みなさんはどんなメッセージを受け取りましたか?

創作者はブラジル出身の芸術家、Henrique Oliveira氏。

使われた技法はブラジルで伝統的に使われている技術だそうです。(詳細不明)

材料が廃材なので、ある意味「蘇った」という概念も間違いではないかもしれませんね。

公開前の制作動画があるのでこちらもどうぞ。

この記事が楽しめたら
いいねしてね!(^o^)

Twitter で
SPONSORS LINK
あなたにオススメ(自動抽出)