WORLD × JAPAN × DISCOVERY

19世紀に砂を集めて創られた超繊細な作品

SPONSORS LINK

一見どこにでも有りそうなのラベル。でもちょっと待って!よーく見てください!

実はこのイラスト、瓶の中に入っている砂なんです!!

私も何気なく見ててスルーしそうになりました・・・

これは芸術家アンドリュー・クレメンス(1857〜1894年)が創り上げた作品。

彼は人生の大半を砂の芸術に費やしました。

彼は5歳の時に脳炎に襲われ、完全に耳が聞こえなくなりました。

しかし彼は歩むことを止めず、カラフルな砂を集めて作品を作り続けたそうです。

私はこの作品を紹介できてとても嬉しく思います。

一見何の変哲もない物でも、よーく見てみるとても価値のある物だった時の高揚感。

ビジネスや私生活でもそうですね。

道に落ちているダイヤモンドの原石を「ただの石」と認識し放置するか。

それとも、面倒くさいけど一度拾って自らの目で確かめてみるか。

これで人生は大きく左右します。

このダイヤモンドの原石こそがあなたのチャンスなんです。

それを逃すのも掴むのも自分次第。

それを再認識した作品でした。

この記事が楽しめたら
いいねしてね!(^o^)

Twitter で
SPONSORS LINK
あなたにオススメ(自動抽出)