WORLD × JAPAN × DISCOVERY

30年以上爪楊枝で建物を作り続けている男の技

SPONSORS LINK

アメリカバージニア州在住のアーティストBob Morehead氏の作品。

彼は30年以上、爪楊枝と接着剤を使って複雑な建物や彫刻を生み出し続けています。

現在進行中の「つまようじシティ」は、制作から8年立つ今もまだ完成していません。

かなりの忍耐力ですね・・・

もっと規模の大きい作品を作っているアーティストは他にも沢山います。

しかしBob Morehead氏の作品の見所は、精度がとても高いところにあります。

SOURCE:These Were Made with Everyday Toothpicks

ツリーハウス 約5000楊枝

アビーゲイルタワー 約1万楊枝

エスケープ 約1万楊枝

つまようじシティー 現在約10万本(現在進行中)

ちなみに。

下の写真は別のアーティストが作った作品です。

Bob Morehead氏の作品と比較してみるとわかると思いますが、やはり粗さが目立ちますね。

もちろんこの方の作品も素晴らしいです。

ここまで出来る忍耐力は称賛に値しますね。

この記事が楽しめたら
いいねしてね!(^o^)

Twitter で
SPONSORS LINK
あなたにオススメ(自動抽出)