WORLD × JAPAN × DISCOVERY

▶ 1999年に購入したマックを14年放置した結果

SPONSORS LINK

ハンバーガーは防腐剤が大量に使われており、体に良くないということは広く知られています。

1999年、それを証明するためにDavid Whipple氏はマクドナルドでハンバーガーを購入し実験を行った。

当初は2、3ヶ月くらい放置し、腐食の結果を確かめる予定だったとか。

しかし人間というのは忘れてしまうもの。

彼はコートの中に入れているのを忘れ、2年もの間放置していたという。

SOURCE:McDonald’s burger bought in Utah in 1999 looks exactly the same as the day it was first flipped

2年目のハンバーガーを発見した時、彼はこのまま更に放置して続けてみようと決心。

そして14年の時は流れ・・・

最高齢のハンバーガーが姿を現した。

こちらがその写真。

 

 

 

防腐剤がたっぷり使われているので全く腐っていないですね。
 
ピクルスだけはご覧の通り消滅してしまったようです。
 
14年たっても形を変えることのないマクドナルドのハンバーガー。
 
カビが生えたり、異臭を放つこともなかったそうです。
 
しかし2年間コートの中に忘れてたとかどんだけガサツなんでしょう笑

この記事が楽しめたら
いいねしてね!(^o^)

Twitter で
SPONSORS LINK
あなたにオススメ(自動抽出)