WORLD × JAPAN × DISCOVERY

▶ トラウマは将来の健康と財政面に影響を与える

SPONSORS LINK

米国科学アカデミー紀要(PNAS)で発表された研究報告です。

研究者のMichelle Kelly-Irvingによると、子供の時のストレスは将来のあり方と密接に関係するという。

この論文は1958年に生まれた17000人を対象としたコホート研究になります。

※ 詳しくは割愛しますので、詳細を知りたい方はCentre for Longitudinal Studiesへどうぞ。

子供の時に受けたストレス(精神的・身体的)は、将来不健康な行動に走るそうです。

不健康な行動の中には、喫煙や飲酒も含まれます。

こういった行動を繰り返していると、必然的に健康面に影響してきますね。

研究報告の中にはBMI(肥満度)にも影響するとも書かれています。

これが、財政面や教育レベルにどう関係するか?

ストレスを受ける(トラウマが生まれる)
 ↓
不健康な行動に走る
 ↓
健康ではなくなる
 ↓
勉強や仕事に取り組み難くなる
 ↓
学力低下や収入減少が起こる
 ↓
更にストレスがかかる
 ↓
治療が必要になる
 ↓
医療費がかさむ

少し短絡的ではありますが、こういう流れかと思います。

研究報告の中にも「間接的に影響する」との記述があるので経路は多数あれど間違いは無いかと。

親のちょっとした言動で、子供には大きな影響があります。

人間1人の少ない経験から、正しいことなんて分かりません。

40年50年60年生きても所詮はたった1人の経験から導き出したものです。

「親」という責務が与えられた以上、学びを止めてはいけません。

—-ここから短絡的なたとえ話—–

話は少しズレますが、世界にはどれくらいの研究者がいると思いますか?

ジャンルや対象の違いで差はありますが、日本で約80万人とされています。

米国だと2000年の時点で約130万人。

EU-25だと2003年で約117万人。

これだけで合計300万人以上。

他の国も含めればさらに増えます。

仮に世界に300万人の研究者がいるとしましょう。

研究は複数人数で行われる事が多いので、1チーム5人とし60万チーム。

研究期間の長さも千差万別ですが、少なく見積もって半年に1本の論文ができるとしましょう。

これだけで年間120万本の論文が出ていることになります。

これだけの新しい発見があるんです。(価値の無い論文もありますが)

人間1人の経験とは乏しいものです。

物事を慣れで処理してしまってはいませんか?

自分以外を受け入れなくなっていませんか?

私達大人の使命とは、次の世代へバトンタッチすることです。

智慧がないと、ストレスを与えるだけでより良いバトンタッチはできません。

人生はずっと学びの場なんです。

常に新しい知識を入れ、頑固者にならないよう気をつけたいものです。

なんだか思いのままに書いたので読みにくいですね(^_^;)

あまり書くと収集がつかなくなるのでこのへんで!笑

注:時間が無いなんて思考からは卒業してくださいね!

この記事が楽しめたら
いいねしてね!(^o^)

Twitter で
SPONSORS LINK
あなたにオススメ(自動抽出)