WORLD × JAPAN × DISCOVERY

地雷探知犬ならぬ地雷探知ラット?!

SPONSORS LINK

戦争の足あととして残される地雷は、戦争が終わった後も人々も苦しめます。

地雷は比較的安価で設置できるのですが、回収にとても高額な費用がかかるそうです。

大量設置→不完全回収という結末は目に見えていますね。

地雷探知犬も万能ではなく、誤って爆発させ死んでしまうこともあるそうです。

そこで、犬より小型で、体重も軽いラットを使った地雷探索活動が行われています。

地雷の爆発には平均5kg以上を必要とするので、体重が軽いラットが死亡することはありません。

運用ラットの体重制限も1.5kg以下とされているので安全に探索活動ができます。

SOURCE:Heroic Rats Sniff Out Landmines In Africa, Could Save 1,000s Of People Worldwide

維持費の面でもラットだとコスト削減できそうですね。

ちなみにラットは、4〜5年で仕事に興味を無をなくし引退するそうです。

引退後は、フルーツを食べてのんびり過ごしているとか(*´艸`*)

この記事が楽しめたら
いいねしてね!(^o^)

Twitter で
SPONSORS LINK
あなたにオススメ(自動抽出)