WORLD × JAPAN × DISCOVERY アイディア、デザイン、アートなどに焦点を当て記事にしています。

iPadの機能を損なわせずiPadをサブディスプレイ化できる最新のハードウェア「Luna Display」

SPONSORS LINK

 Luna DisplayはMini DisplayPortまたはUSB-Cを利用し、数秒でiPadをワイヤレスのサブディスプレイにすることができます。

 

 既にミラーリングやサブディスプレイ化するアプリケーションは多数販売されていますが、Luna Displayの優れている点はレスポンスの良さとMacの機能を拡張できるという点です。

 

 iPadをサブディスプレイ化した後でも、タッチ操作、Apple Pencilの使用、外付けキーボードの使用など、iPadで使えるデバイスと互換性があるので、iPadの機能をMacに移植するというイメージで良いと思います。

 

 通常のディスプレイを購入して使うのも良いのですが、iPadが持っているディスプレイの性能を活かしたり、タッチパネル化するという意味でもLuna Displayはなかなか使えるハードウェアだと思います!

 

 価格はLuna Display本体の$79.99のみでアプリは無料になります。既存の物より少し高いかもしれませんがiPadのサブディスプレイ化で失敗したくない方にはオススメです!

 

Luna Display公式サイト

 

Facebookでいいね!
最新の情報をお届け!

Twitter で
SPONSORS LINK
あなたにオススメ(自動抽出)