WORLD × JAPAN × DISCOVERY

記憶だけで街を忠実に描く天才

SPONSORS LINK

以前「筆を持って絵を描く犬」を紹介しましたが、今度は記憶で街を描く方のお話。

スティーブン・ウィルシャー(Stephen Wiltshire)はイギリス人の建築画家です。

動物・人間・都市の景観など、一度観察しただけで実物そっくりに描く才能があります。

幼い頃、彼はとても無口な子で、3歳の時に自閉症と診断されました。

学校では絵を描くことにしか興味がなかった。

他の人と会話は出来なかったけれど、彼は絵を描いてコミュニケーションしていたそうです。

彼の作品で一番大きい絵は東京のパノラマを描いたもの。

なんと10メートルの長さで、ペンだけを使って描くに8日間かかったとのこと!

Tokyo Panorama

SOURCE:Stephen Wiltshire MBE

View of the Shard and Tower Bridge

Globe of Imagination

Vatican City (Rome)

Aerial view of Melbourne

Kuala Lumpur skyline

Pont Alexandre III, Paris

Central Park 39th floor of Helmsley Park Lane (NY)

View of London from the top of BT Tower

The Globe of New York

New York Panorama

下の動画はスティーブン・ウィルシャーさんが実際に作画している映像です。

彼のサイトには400以上の作品が掲載されています。

購入もできますので気に入った方はSOURCEをどうぞ!

この記事が楽しめたら
いいねしてね!(^o^)

Twitter で
SPONSORS LINK
あなたにオススメ(自動抽出)