WORLD × JAPAN × DISCOVERY

NASAが民間人二名を募集

SPONSORS LINK

2018年1月に民間人の火星旅行が計画されています。

以前「火星に住むにはいくらかかるか?」の記事を書きました。

その金額を見るとこの企画は非常に魅力的です!

なおこの2018年の企画を逃すと火星の公転周期上2031年までチャンスはありません。

NASA 公転

この企画への参加条件

今回の募集人数は2名で次のような条件があります。

  • 男性と女性の2名(カップルや夫婦が好ましい)
  • 生殖器への悪影響を避けるため中年が好ましい
  • アメリカ国籍である事(もちろん英語必須)
  • 宇宙船、ロケットなどのメカニックに強い事
  • etc…

正式な募集は来年まで無いようなので詳しくは発表後ですね!

NASA 
宇宙生活について

今回の旅行日数は501日間。

宇宙船はバス程度の大きさなので2人ではちょっと狭いかもしれません。

尿は2日に1回ろ過し飲料水になります。

そして501日間の宇宙生活には様々な課題・問題があります。

  • 宇宙船のメンテナンスは船内活動のみ
  • 宇宙遊泳は禁止
  • うつ病などのメンタル面の対策
  • 健康管理
  • 放射線被曝
  • 抗酸化作用を持つ食品の開発
  • ect…

火星旅行をするにあたり、歴史に残る先駆者達はオーダーメイド医療を受けられます。

その人の為だけの薬などが開発されるのだ。

まさに究極のオーダーメイド医療ですね。

ミッション内容は「長期的な宇宙旅行による人体への影響」とのことです。

特に宇宙放射線被曝を主とする研究が目的。
※放射線被曝を最小限に抑える為に、シャトルの構造や食品は特別なものを使用するらしいです。

その為乗員は自分の生体サンプルを採取し分析しなければなりません。

もし旅の途中で死亡した場合も、遺体は冷凍乾燥で真空パックに詰められます。

要するに歴史に残る実験体となるわけですwでもすごい魅力的な企画ですよね!

詳しく知りたい方は下のリンクへどうぞ。

NASAの民間人募集記事:http://www.space.com/19981-private-mars-mission-married-2018.html

NASA カップル 夫婦 
※追記
 NASAのページには書いてあるのですが火星には着陸せずそのまま地球へ帰ってきます。

この記事が楽しめたら
いいねしてね!(^o^)

Twitter で
SPONSORS LINK
あなたにオススメ(自動抽出)