WORLD × JAPAN × DISCOVERY アイディア、デザイン、アートなどに焦点を当て記事にしています。

ソフトドリンクと子供の問題行動

SPONSORS LINK

子供の攻撃性・うつ・自殺念慮はソフトドリンクの消費量と関係しています。

これは以前から報告されていることでした。

しかしこれらの研究は、年少の小さな子供たちでは評価されていません。

SOURCE:Soft Drinks Linked to Behavioral Problems in Young Children

アメリカ人は、他のどの国の人よりも多くソフトドリンクを購入しています。

そしてその飲み物の殆どは、幼児を含む子供たちによって消費されています。

そこでShakira Sugliaらは5歳の子ども約3,000人に対しコホート調査を行った。

「問題のある子供」と「問題のない子供」の2グループに分け調査。
(問題のあるとは、攻撃的であったり、いじけたり、注意散漫など様々)

各グループの母親には、2ヶ月間子供のソフトドリンクの消費量行動を記録させた。

その結果、子供の43%が1日に約240mlのソフトドリンクを消費していることが判明。

そのうちの4%は1日1リットル以上を消費していたという。

消費量が増えるにつれ、攻撃的になったり、いじけたり、注意散漫な子供が増えており、

1日1リットル以上の飲んだ子供は、飲んでない子供に比べ問題行動の回数が2倍以上!

3,000人の調査でこの差が出ているので、飲み物について考え直さなければなりませんね。

ソフトドリンクの消費量を調整することで、問題行動を減少させる事ができるかもしれない。

Facebookでいいね!
最新の情報をお届け!

Twitter で
SPONSORS LINK
あなたにオススメ(自動抽出)