WORLD × JAPAN × DISCOVERY

食べ物を落とした時の5秒ルールは正しかった!

SPONSORS LINK

アストン大学のアンソニー教授率いる微生物の研究チームが行った研究です。

内容はとてもユニーク!

食べ物を落とした時の「5秒ルール」は本当に存在するのか?
3秒ルールのところもあるみたいですね!)

床と食品の接地時間は、細菌の移行に影響するのかを証明してあります。

研究者によると、カーペットは食品に細菌が移行する可能性が最も低く、

パスタや湿ったお菓子は細菌が移行する確立が最も高かったとのこと。

SOURCE:The five-second rule DOES exist: Eating food that’s been dropped on the floor isn’t always dangerous – especially if it’s toast

検体はトースト、パスタ、ビスケットと粘着性のあるスイーツの4つ。

接地時間は3〜30秒で、床の種類はラミネートフローリング、タイル、カーペットの3種。

検出された菌は、大腸菌(E.coli)と黄色ブドウ球菌(S.aureus)です。

画像はdailymail.co.ukより

食品を落とした時の接地時間と床の種類は、菌の移行にとても重要な要素であるようです。

この実験の結果5秒以内に食品を拾うと菌の移行は殆どないが、

それ以上の時間接地していると急速に食品の菌数が上がるという。

is time significant?(接地時間は重要であるか?)の有意差も無く、

トーストとビスケット、カーペットからは接地時間に関係なく殆ど菌が検出されない。

このことから、乾燥した食品からは菌が移行し難いことが分かる。
(常識っぽい話ではありますが・・・w)

そして意外だったのがフローリングよりカーペットの方が安全だということ。

カーペットの繊維が食品の接地面積を少なくしているのでしょうか?

これについては書かれていないようなので定かではありません。

さらにこれはイングランドでの調査なので、日本でも適応されるとは言い切れません。

日本人は屋内で靴を履きませんしね!

しかし、5秒ルール(3秒ルール)が存在するという事は証明されましたね。

食べ物を落とした時にでも、話のネタとして友人に自慢してみては?w

この記事が楽しめたら
いいねしてね!(^o^)

Twitter で
SPONSORS LINK
あなたにオススメ(自動抽出)