WORLD × JAPAN × DISCOVERY

赤色を使ってないのに赤く見えるイチゴの写真

SPONSORS LINK

 カリフォルニア大学の神経科学者、マシュー・リーバーマンさんがTwitterで投稿した「赤色を使ってないのに赤く見えてしまうイチゴ」の写真がとても興味深かったので紹介。

 元の写真は、立命館大学の北岡先生が”2色法による錯視効果“の例としてツイートしたものだそうです。下の2つのツイートがその写真になります。

簡易調査

 確かにどちらの写真も赤っぽく見えるのですが、この手の写真や画像は、実際にチェックしてみないと分からないところもあるので、本当に赤系の色が使われてないか調べてみることにしました。なお、調査方法はGoogle Chromeのデベロッパーツールを使いピクセルの色判定を行いました。

 まず最初にマシュー・リーバーマンさんの写真。「これは絶対赤系の色使ってるよ!」という所をいくつも調べましたが、全て青緑色で構成されていました。まさに錯視効果!!

 

 そして立命館大学の北岡先生の写真。これもマシュー・リーバーマンさんの写真と同様に「ここは赤使ってるんじゃないか?」という所を何箇所もチェック。

 赤系の色・・・使われてました・・・

 それよりも驚きなのは、より赤っぽく見えるマシュー・リーバーマンさんの写真は、完全に青緑系の色しか使っていないことでした。私は専門家ではないので詳しいことは分かりませんが、錯視ってとても奥が深いですね!

 今回デベロッパーツールで簡単に色を調べてしまいましたが、専用の編集ソフトを使って色を調べてみると、もしかしたら違う結果になるかもしれません。

この記事が楽しめたら
いいねしてね!(^o^)

Twitter で
SPONSORS LINK
あなたにオススメ(自動抽出)