WORLD × JAPAN × DISCOVERY アイディア、デザイン、アートなどに焦点を当て記事にしています。

よく使うWEBサイトをディスクトップアプリに変えてくれるWEBサービス「Web2Desk」

SPONSORS LINK

 Web2Deskは頻繁に使用するウェブサイトを一瞬でディスクトップのアプリケーションに変換してしまう無料のWEBサービスです。(アプリ開発に知識は必要ありません)

 

 「ブックマークのショートカットをディスクトップに置けばいいじゃん!」と思ってしまうかもしれませんが、ブラウザのタブを沢山開いて仕事や調べ物をしたりする場合、”開いておくページ”、”もう少し開いておくページ”、”閉じるページ”などが混在してしまい、”開いておくページを閉じてしまうことがあります。

 

 その点、Web2Deskは別のアプリケーションで”開いておくページ”を起動させるので間違ってを閉じてしまうことがなくなるというわけですね。

 

 さらに、ブラウザはパソコンのメモリをかなり使用してしまうので、別アプリとして用意しておけば瞬時に起動でき、余計なメモリを消費せずパソコンが使えるようになるそうです。

 

 具体的にどれくらいメモリの消費を抑えられるかは検証していませんが、興味のある方は調べてみると良いかもです。

 

 Web2Deskの使い方はとても簡単で、よく使うウェブサイトのURL、アプリにつける名前、ダウンロードリンクを送るE-mailアドレスを入力するだけです。

 

 サンプリアプリも用意されているので試しに使ってみるのも良いかもしれませんが、Twitterのように既にアプリケーションが出ているものに関しては既存のもののほうが良いのかな?

 

 念の為にですが、銀行口座や証券口座などの重要なアカウントのIDやパスワードは、純正のブラウザで利用するようにしてくださいね!

 

 個人的にはGoogle翻訳や辞書など、アカウントが必要ではないサービスをWeb2Deskでアプリ化すると良いかなと思います。

 

Web2Desk公式

 

Facebookでいいね!
最新の情報をお届け!

Twitter で
SPONSORS LINK
あなたにオススメ(自動抽出)